news

2017/04/13 16:10

春爛漫・・



カットシザーは金属なので、一見、丈夫だと思いがちですが、実はとってもデリケートなのです。
気が付いたらいつのまにか裏スキ部分に傷が入ってた・・という話もあります。

シザーは、少しの衝撃で簡単に切れ味が悪くなったりしますので、
できるだけ丁寧に丁寧に使ってほしいものです。

✔ 落下は禁物
カットシザーの刃は薄く尖っていて、落下は大敵となります。
見た目では、小さな欠損はわかりにくいですが、
やはり、切っていると、スパット感がなくなり、キレ味が悪くなってしまいます。

✔ ぶつけない
ぶつけると、落下と同じようにシザーの刃が欠損したり、ネジの緩みや、ゆがみで切れ味が悪くなります。

✔ 髪の毛以外の物を切らない。
カットシザーで、堅いものを切ってしまうと刃がダメージを受け潰れることもありえます。
〇ティッシュペーパーやマネキンの柔らかめの毛程度の物を切るには、あまり影響はありません。

↾ 5.5カットシザー/マネキンの髪の毛をカットは〇

✔ 刃の開閉は最低限にする
不必要にチョキチョキ開閉し過ぎるのも、シザーの刃の傷みやネジの緩みの原因になります。

↾6.0カットシザー/チョキチョキし過ぎは×

✔ 水気はふき取る
DANシザーのハサミは錆びない材質ですが、水気は好ましいものではありません。

あなたは、無意識にチョキチョキやったりいていませんよね?
カットシザーを守ってくれるのはあなただけです!!

時々は、ヒットポイントをグリーンに変えてみたり、
ピンクのフインガーリングでおしゃれにしてみたり・・・(* ´艸`)
わくわくしてくるかも・・・


ハサミのメンテナンス

セーム革でカットシザーを輝かせましょう。

http://shop.dan-scissors.net/blog/2017/04/17/092119_4

シザーにオイルが極少量でOK!

http://shop.dan-scissors.net/blog/2017/04/11/182129

カットシザーのお掃除で気持ちもリフレッシュ!

http://shop.dan-scissors.net/blog/2017/04/10/112346

レフティをバラしてみました。

http://shop.dan-scissors.net/blog/2017/04/09/131521

裏スキの凹みは研ぎ師にしか直せません。

➡http://shop.dan-scissors.net/blog/2017/04/24/141049

ネジの調子が良いと永切れします。

http://shop.dan-scissors.net/blog/2017/04/04/210928


理美容師のハサミDANシザー